Designer's Digital

~デザイナーとカメラマンが気になるに違いない、デジタルに関するあれこれ~

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Permalink | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【散布図に自動でラベルをつける】 エクセル用アドイン ~XY Chart Labeler~

二つの値の関係を表すのに便利な散布図。プレゼンで使われる方も多いと思います。

多くの人がエクセルと使っていると思いますが、実はエクセルだけではできないことがあります。
それは、それぞれのドットの横に「ラベル」を付ける事。
ラベルがないとそれぞれが何の点なのかわからんじゃないか!!!
けっこう重要なのにExcel2010になってもこの点は改善されなかったようです。

マクロを組むのは面倒。後でイラストレーター等の別ソフトで書き込むのも、量が多いと現実的ではありません。

そこで今日は、XY Chart Labelerというのを使ってみました。
エクセルのアドインなので難しい設定もなく、誰でも操作が簡単にできそうです。

101121_xy_labeler_01.jpg




ツールのダウンロードは下記から。
http://www.appspro.com/Utilities/ChartLabeler.htm
提供元のAppsProは、Office全般の追加ツールプログラミングを業務にしている集団のようです。
Microsoftからもきちんとお墨付きがある模様。


さて、肝心の使い方ですが、これがとても簡単。

1.準備
ページの中ほどの、
Download the XY Chart Labeler 7.0.12 (Windows English)
からファイルをダウンロードし、インストールするだけで準備完了。

2.グラフの選択
Excelを開いて、アドインのタブに行くと、
"XY chart labels"というプルダウンができているので、
対象のグラフを選択してから、"add chart labels"をクリック。

101121_xy_labeler_02.jpg




3.ラベルの項目の指定
系列は自動で入るのでそのまま。
Label Rangeには、ラベルの項目を指定。(点線のように選択)
Label Positionは、ドットに対するラベルの移置を指定。

101121_xy_labeler_03.jpg




これだけで、それぞれの点にラベルの付いた散布図になります。
↓↓↓
101121_xy_labeler_05.jpg



説明はもちろん全て英語なのですが、特に迷うようなところもなく今回は大満足。


無料★★★
簡単★★★
効果★★★

デザイン★
スポンサーサイト

| office | Permalink | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。