Designer's Digital

~デザイナーとカメラマンが気になるに違いない、デジタルに関するあれこれ~

<< 2012-04- | ARCHIVE-SELECT | 2012-06- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Permalink | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【サードパーティーは難しい…】 ロワジャパンのバッテリーグリップ

先月、サードパーティーの充電池メーカー、ロワジャパンから、Canon 7D用バッテリーグリップを買ってみた。
純正電池を2個入れるタイプ。それほど頻繁に使う予定はないけど、単三電池6本でも使えるので万が一の場合の保険になるかと思ったのである。


サードパーティーっていうとちょっとコンピューター関連の言い方っぽいけど、要はCanonじゃない別のメーカーが製造している代用部品のこと。同等の機能で1/5以下とかの破格なので買う側にとっては助かるし、時には純正品よりも機能が多いこともある。長い目でみれば技術競争的なボトムアップにも貢献しているだろうからこの手の商売自体はあって然るべきだ。
(もちろん、偽ってCanon製とか売られているパチものは「詐欺」であって全く許されない)

ただし使う側も気を付けないといけないことがいくつかあって、特に重要なのは「サードパーティー製品が原因で起こった本体の故障は誰も保証してくれない。場合によっては修理もできなくなることもある。」という点だ。だから使うときには、もしその部品が壊れて暴走した時に本体に何か不具合が起きうるかということを気にしないといけない。

そんなわけで僕はどんなに安くても電池はサードパーティー製では買わない。液漏れがあれば本体には大きな被害があるし、もし過電圧が本体内にかかれば重要な基盤が一瞬で焼き切れてしまうこともある。(昔PC壊したなぁ…)

今回のロワジャパンのバッテリーグリップは判断が難しいところだったが、その中に入れるのは純正の電池であるからまぁ大丈夫だろうと思って購入してみた。装着時のガタつき等もなく動作も悪くなさそう、だったのだが……

IMG_1874_blog500.jpg


えーと、結論を先に書くと、「厳しい条件で不具合がでる(かもしれない)」です。以下2件。

1.高速連写を多用するとフリーズすることがある。
この一ヶ月に2度あった。連写中にいきなり停止する。ボタンも何も受け付けない。一度電池を抜いて再起動すると何事もなかったように復帰。たぶん何千枚かに一度なのだろうが、バッファメモリに入ってる分までデータが無くなるのでかなり悲しい。

2.大きいF値で撮影すると、エラーが出て停止する。
広角でパンフォーカスで撮りたくてF22くらいまで絞って撮影した瞬間、絞りが絞られた状態でフリーズ。レンズの接点エラーとの表示。しかし、接点拭いて再起動してもすぐ再発。バッテリーグリップを疑って外してみると再発しなくなった。
(絞りは撮影の瞬間に絞られるので、大きいF値は機構に負荷がかかる。そのせいかな??)

悩ましいのは、これ原因がよくわからないこと。バッテリーグリップが原因だと実証するのが難しい。
1はめったに起きないので偶然装着時に起きただけなのかもしれない。2は表示としてはレンズ関係の問題ということになっている。ごく微妙な電圧異常や変な信号ノイズが出ているのかもしれないが憶測の域を出ない。
(はずしたら解決したから、黒に近いグレーだと思っているけれども。。。)

同じ症状の人がいないかと思ってみたけれど今のところなさそうだ。
ちょっと時間のある時に発生条件を記録してロワジャパンに送ってみようと思う。(いつになるやら…)

参考までに、いっしょに購入したリモートレリーズは今のところ全く問題なく動いているであります。
スポンサーサイト

| 未分類 | Permalink | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。