Designer's Digital

~デザイナーとカメラマンが気になるに違いない、デジタルに関するあれこれ~

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | Permalink | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

【カメラやレンズが水没したらどうする?】タムロン17-50mm F/2.8水没実録(2)

前回、接点不良でシャッターが切れなくなったところまで書きましたが、その続き。

きっと携帯と同じで塩水とかじゃなければ乾けばまた動くだろうという期待のもと、濡れたカメラとレンズを通風しのいいところに置いておくこと半日。カメラはもともと目で見てわかる濡れ方はしていなかったので、まずはカメラと正常なレンズを組み合わせてチェック。動いた。AFや絞りの動作も問題なし。よかったよかった。

やはり乾けば何とかなるらしい。

問題はレンズ。この時点で全然乾いていない。水滴はいくつも見えるし、レンズの内側は結露した水蒸気でかなり曇っている。仕方が無いのでそのまま風通しのよいところに。このときズームを望遠側に伸ばすとレンズの中の空間が広くなるし、後玉の横に大きな隙間ができるのできっと早く乾くだろうと思い、そうしてみた。

で、翌日…
全然だめ。まだまだ濡れている。

翌々日…
減ってるように見えない。結露の曇りは逆にどんどんひどくなっている。
仕方が無いので友人に電話して相談。彼曰く、「コタツで乾くよ」、と。

最初は思った。そんなに熱して大丈夫なのか?
しかしよく考えてみると炎天下で使ってやけどしそうにアツアツになったカメラでも、特に変な動作をしたことは無い。
(いや、ちょっとはダメージがあって寿命が縮んだりはしているのかもしれないけど。)

そんなわけで加熱乾燥に切り替えることにした。コタツは無いので、電気ファンヒーターを出して吹き出し口から少し離して置くこと3~4時間。あっという間に乾いた。なんという速さ。今までの乾かなさは何だったのか。
温度的には、手で触ったら「あちっ」て感じがするけど火傷はしない程度だった。

動作チェック。

ズーム問題なし。AF問題なし、絞り動作問題なし。おそらく機械系は全回復。

結論。今回学んだことは、
・意外と熱には強い様子。がんがん暖めてみよう。コタツもしくはファンヒーター。
・ズームは望遠側にして気道を確保。隙間に向かって温風を送る。

という感じ。

でもね、問題は汚れ。濡れている時はあまりわからなかった汚れ、やはり乾くとかなり目立つ。
前玉の裏側、二枚目のレンズ、いろんなところに水染みとチリのようなものがたくさん。
F/8より絞ると画像にごみが視認できはじめる。あまり絞って使うものじゃないけど、やはり嬉しくない。

なんだか逆光時のコントラスト低下もひどくなっている感じがする。
(もともと逆光にそれほど強いレンズではないけど。)

IMG_8081.jpg

神田のタムロンの近くに行ったらオーバーホールお願いしなくては。

ただちょっと気になっているのは雑談中のカメラ屋さんの一言。
「水濡れ故障は、だいたい修理不能で返ってきますよ」とのこと。

う~ん、水濡れ故障は回復しているから、修理じゃなくて、
単ににオーバーホール清掃でお願いしたほうがよいのかなぁ。

完全回復できず悩ましぃ。。。

| camera | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【カメラやレンズが水没したらどうする?】タムロン17-50mm F/2.8水没実録(1)

先日、レンズが川に落ちましたので、その顛末を。

落ちてしまったのは「TAMRON SP AF17-50mm F/2.8 XR Di II VC B005E キヤノン用」。
高級レンズというわけではありませんが、17-50mmの全域で明るいF2.8なので
AFも割と速くてポートレートに便利な、とてもコストパフォーマンスのいいレンズです。
EOS Kiss Digitalの交換レンズをはじめて買うけど何がいい?って聞かれたときによくお奨めしています。
こんなやつ↓。
    
何で落ちてしまったのかちょっとだけ説明。
水没した馬鹿娘を引き上げに行った所、足を滑らせために僕も膝上まで水中に。
入ったのは膝まででしたが体が斜めになっていたため首にかけていたカメラが少し水に入りました。

自分はおちないだろう、という慢心があったように思います。反省反省。
次からは水辺に近づくときには荷物をすべて置いてから行きます!
もし背負っていたリュックが水没していたら経済的に再起不能なレベルだった (ノд`)

とりあえず電源を切って急いで帰宅し、現状確認。

どうやらレンズを下向きにして、レンズの根元近辺までが水に入ったらしい。
状況を箇条書きすると、

・レンズ内にはどっぷり水が。きれいな川ではなかったが、入っている分では濁りはわからない程度。
・ズームリング、ピントリングは全域回転できる。ただ、回す感触がどちらもかなり重たい。
・カメラ本体とレンズの間は水滴すこし。本体外装は水滴あり、中は見た感じでは水濡れ確認できず。


応急処置として、カメラ本体をざっと拭き掃除。マウント部分は特に丁寧に。
レンズはいろんな方向に傾けて水をおおよそ出し、鏡筒をリングを回しながらよく拭いた。

ここで、とりあえず確認と思って電源を入れてみた。これはやるべきではなかったと後から反省。下手に通電してどこかがショートしてしまったら助かるものも助からない。本体がほぼ濡れていなかったので「最悪でもレンズ側のオートフォーカス機構が壊れるだけ」と思ったのだが、通常では発生しない電圧がレンズ側でのショートでカメラ内に入り、回復不能なダメージを与える可能性だって充分にあるはずだ。

結果。絞り表示がF00になり、「レンズの接触不良です」という表示が液晶に出てシャッターを切ることもできない。このレンズはもうだめかしら、と思ってレンズを交換して再チェック。それでも撮れない。。。「本体もダメかΣ(°Д°;)」。

失意の中、とりあえず所用があったのでそのまま動かぬカメラを持って出かけました。

つづく…

| camera | Permalink | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

【大量の写真を一括縮小するイチオシソフト】 縮小専用&shukusen-air (フリーソフト)

子供3人分だと、自分ちの分だけでも写真の量が大変なことになります。。。

101202_shukusen_e.jpg

ついついjpgでも一枚10MB近い大きさで撮ってしまうけれど、
印刷工程がない限りは、写真一枚のサイズなんて、300kbもあれば充分です。
・webの素材にするとき
・デジタルフォトフレームに入れるとき
・親戚にメールで送るとき  etc..etc....

オリジナルは自宅の大容量HDDに眠らせておきますが、
普段使いのノートに入れておく用にも、写真の一括軽量化をしておきたいところです。

Photoshopのバッチを使ってもいいのですが、ネットブックなどの時にはちと荷が重いので、
そんなときには”縮小専用”のお世話になっています。

昔は真っ黄色のアイコンで、起動するのがちょっと恥ずかしいくらいだったのですが、
最新バージョンはair風味になってフリーソフトには見えないクオリティです。


1.準備
作者のページは下記から。
http://labo.i-section.net/shukusen-air/
右列上部の
101202_shukusen_f.jpg
をクリックしてインストール開始。
Adobe-AIRを使っているので、あまり普段見かけない画面も出てきますが、OKを押していけば大丈夫です。

2.使用
起動して出てくるウィンドウはとてもシンプル。
101202_shukusen_a.jpg
右下の部分に縮小したいファイルたちをドラッグ&ドロップするだけ。

操作はかなり簡単、動作も軽快。設定項目も多すぎず、少なすぎず。
だいたいパワポで使うことを考えて、1024x1024の設定に。

無料★★★
簡単★★★
効果★★

デザイン★★★

ただし残念なのは、撮影日や露出のデータなんかのEXIFが全部吹っ飛びます。
ので、使用頻度はPhotoshopのバッチと半々くらい。

今後のバージョンアップに期待したい♪

| media | Permalink | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。